結果のタグ付け

タグ付けしたスイングのデータは、1 日内にタグ付けしたスイングに基づいて作成されます。 自身の打撃傾向を確認できますので、Zepp スイング目標をアップデートし、Zepp が理想的だと判断した打ち返し方ができるように調整してください。 こうすることで、Zepp を利用してスイングするたびに、より確実あるいは強烈にライナーを打ち返す練習ができます。 各スイングでより確実あるいは強烈にライナーを打ち返す練習ができるように、スイング目標をアップデートしましょう。「目標をアップデート」セクションで、「ライナーを打ちたいですか?」を選択し、特定の 1 日にタグ付けされたライナーの平均スコアを参考にしたり、「強打したいですか?」を選択して、ベスト「パワースコア」の平均を参考にしたりしてください。 



結果のタグ付け Zepp Baseball の結果タグ付け機能を使えば、ユーザーは実際の打撃目標と Zepp で設定したスイング数値目標とを連携させることが可能です。 連携させておけば、実際のプレイ目標が Zepp スイング目標と重なり、Zepp ユーザーは「上達のための練習」を行えるようになります。 下にリスト化されているアイコンをタップしておけば、プレイヤーがスイングするたびに、速度やライナー性の当たりをタグ付けできます。 結果タグを 3 つの要素から検討してください: タグ、日次レポート、目標。 スイング直後に、その場でそれぞれのスイングに「打球の種類」(ライナー)や「打球初速度」をタグ付けできます。 スイングにタグ付け後、実際のスイング成果に関する解説が「日次レポート」として配信されます。



サードパーティー製レーダー装置で「打球初速度」をキャプチャすれば、あわせて「パワースコア」も配信されます 

この情報を活用して、ユーザーは実際のパフォーマンスや傾向を元に Zepp の「スイング目標」を微調整できます。 例えば、高い精度でライナーを打ちたい(重要な打撃目標)場合、「ライナーを生み出す」スイング数値に一致するように、自分の「スイング目標」をアップデートすることができます。 このような設定にしておけば、プレイの改善と向上に役立つ、各スイングの全数値(バット速度以外も)に関する色分けされたフィードバックが配信されます。